知って得するお役立ち情報

燃費改善・ガソリン代節約の賢い乗り方

燃費の改善をするにはどうすればいいか?と質問をすれば、殆どの人が下記のような回答をされると思います。

急発進、急加速、急停止など「急」の付くことはしない。
アクセルは控えめに踏んで、なるべく一定の踏み込みで走行するように心がける。
高速道路では80キロくらいの速度で走行するようにする。
長時間のアイドリングはしない。
などなど。

でも、その他にも燃費改善に有効な方法がいくつもあります。
たとえば。

タイヤの空気を規定の空気圧より幾分高めに入れる。
(タイヤの摩擦抵抗が少なくなって燃費が改善される。車種に合わない寸法のタイヤを使用すれば燃費改善でなくて燃費を悪くしてしまってます)

トランクにゴルフバックなどの荷物を目一杯に詰め込んでいる人を見かけますが、車両重量を軽くするために必要以外の物は車に積まない。
(車両重量が軽くなって燃費が改善される)

ガソリンは満タンに入れるのではなくて3分の1くらい入れるように心がける。
(これも車両重量が軽くなって燃費が改善される)

暖機運転はほどほどに。(最近の車は暖機運転はほとんど必要ありません。)
エンジンスタート後にゆっくりと走行しながら暖めれば大丈夫です。

短距離走行はしないこと。(エンジンを暖めるのにガソリンを沢山消費します。)
短距離走行の場合はエンジンが暖まった頃には目的地に着いてしまってガソリンを沢山使うだけ。
健康維持を兼ねて、徒歩、自転車などを利用しましょう。(いやだという人は原付バイクか?)
など。

ガソリン代を安くするためには上記のような燃費改善対策も必要ですが、下記の事を実行されますとさらに節約になります。

まず、何といってもガソリンが安いガソリンスタンドで入れる。(昔は安いガソリンは粗悪品が横行していましたが今はまずないです)

安いガソリンスタンドが見つかったら、そこのクレジットカードを作る。(カードを作れば店頭表示価格よりもさらに1〜3円安くなるのが当たり前になっています。)
カード
作ったカードはポイントが貯まりますので、ポイントでさらに好みの商品とか商品券を貰う事が出来ます。
100円で1ポイントの所が多いですが、1ポイント1円換算になりますので、ガソリン・1リッター100円で入れている方は99円で入れているのと同じ。

ガソリン代節約ではないですが、カードによってはJAFとかJRSなどの通常年会費が2,000円〜4,000円するロードサービス会員に格安の料金(数百円・無料になるところもあるかも?)で入れます。
会員になれば、高速道路や山道などでの車の突然のトラブルの時にロードサービスを使用出来ます。
レッカー車で車を運んでくれたり、その場で修理をしてくれたりと万が一のトラブルには欠かせないサービスを無料もしくは格安の料金で利用することが出来ます。

最近は何処のガソリンスタンドでも、月に何日かはティッシュペーパーとかお菓子などをサービスしてくれるイベントをやっている所が多いです。
そんな時のイベントは、殆どがガソリン20リットル以上くらいでサービスが受けられます。
車両重量を軽くするためにガソリンを満タンにしないように!とご案内しましたが、こんなイベントがある時にも満タンにしないことでメリットがあります。
ガソリンを3分の1くらいしか入れないんですから、20リットル以上のガソリンは何時でも入れられると思います。
ですから、何時イベントがあってもイベントサービスを利用出来る環境にあります。

この装置を車に取り付ければ燃費が10%〜向上します。というような燃費向上商品をカー用品店などで見たことないですか?
たぶん、一度や二度はご覧になられたことがあると思います。
これ、殆どが燃費は向上しません。
もし、これで向上出来るのなら、燃費改善に血眼になっている大手自動車メーカーが放っておくはずがないです。
待ってましたとばかりに、この装置を取り上げるはずです。
でも、この商品を大手自動車メーカーが取り上げないということは大したことはないという事です。
燃費が向上するなら?ということで買いたくなる気持ちはよく分かりますが、ムダで終わってしまうようです。

世界的に地球温暖化対策が叫ばれています。
燃費改善は私達のサイフから出ていってしまうお金を節約出来ますが、燃費改善を実行することにより地球温暖化対策にも参加していることになります。
楽しみながら地球温暖化対策に参加が出来るんですから、こんないい事はないのでは?



戻る